読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自担の結婚について考えてみた

NEWS ジャニーズ

 

先日、ビビットで太一くんがお子さんが生まれたこと発表してたね。

おめでとうございます。

あぁそうか太一くんもパパになったのかぁ、そういえば結婚してたんだよなぁ。

うわ、いつか加藤さんもこうやってビビット生放送で結婚しましたとか発表したらどうしよう、ってふと思った。

 

多分ジャニヲタの皆さんは一度は考えてみるんじゃないか。自担の結婚問題。

アイドルといえど、いつか結婚する時がくるかもしれないんだよね。

 

 

 

私は自担が結婚するという体験を既に一度している。

結婚を知ったのは、確か新聞か朝のニュースかどっちかだったような。

タイミング的にもえ?って感じだったし、なんなら結婚だけじゃなくて奥様は妊娠してるっていうし、太一くんとかみたいに本人の口から直接伝えられる場所があったわけじゃなかったしでもうなんか、えぇぇぇぇぇ・・・・としか言えなかった。

 

その後、いのっちかな?結婚した時にファンの方へ葉書で報告したって聞いて、会見もしてて自分の口から結婚についてちゃんと語っていて、

あぁ、あのとき元自担もこれくらいファンの事を気遣ってくれてたら・・・とか比べるところではないけれど比べてしまっていた自分がいた。

あれ、思った以上に私は元自担の結婚を引きずってるみたいだぞw

まぁ要は結婚の発表の仕方とかタイミングって大事ってことでね。

 

 

 

そしてなんとなく、今まであと10年くらいはNEWSくん達の結婚なんてないだろうなと思っていたけど、元自担の結婚を思い出して、いつどんなタイミングで結婚報告なんてくるかわからないから、いつその時がきていいようにもしもNEWSくんが結婚したらを考えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

◆小山さん◆

メンバーの中で一番結婚がリアルに想像できる人な気がする。

というかなんかもうすでに絶対この人付き合ってる人いるよなぁっていうのを随所でまき散らしてるからいざ結婚って言われてもそんなに戸惑いはない気がする。あぁ、ついに結婚するのねって思えそう。

そして結婚の報告は、本人の口からはもちろん、おしゃれイズムでてごちゃんに宛てて書いた手紙のように、独特な丸文字で葉書での報告もしてほしいな。

そんでたまーにラジオとかコンサートのMCで「こないだ奥さんにね・・・」っていう話とされて、そういえば既婚者だった・・・!!っていうちょっとしたトキメキとドキドキ感を味わいたい。ちなみにどうでもいいけど小山さんはうちの嫁、とか妻、って言い方はしない気がする。人前で話すときにも、うちの奥さんって言いそう。

 

 

◆加藤さん◆

実は私の中でリア恋枠は加藤さんです。なのですっごい凹む。

これ以上ないくらい失恋した気分になると思う。一週間といわず引きずる。

加藤さんは、きっと関係各所に直筆のFAXでさらっとコメント出して、そのあとにラジオで「色んな意見あると思うんですけど・・・」とか言って長々と結婚について話してくれそうな気がする。結婚について受け入れられないっていう意見とかも読んで、でもなるべく納得できるように言葉を選んで説明してくれそう。

そんで結局、すっごい凹んで引きずってたのに、

加藤さんがそうやっていうなら幸せになってね・・・って涙をのむんだと思う。

もうまじ、誰目線。

 

 

◆手越さん◆

てごちゃんの結婚とか一番想像つかないw

どのパターンかなぁ。葉書はない気がする。

コンサート前に報道とかされて、そんで結局コンサート初日にファンの前で直接自分の口で言いたいからとか言って報告されそう。

そんでたくさんのファンを絶望に陥れたかと思ったら、

「でもこれからも俺がみんなのダーリンに変わらないし、俺はみんなの事愛してるから」とかいうわけのわからない理屈を延々と述べらそう。

あれ、この国って一夫多妻制だっけ・・・

そもそもダーリンってなんなんだ・・・

ってなりながらもうなんか、奥さんの事をはにかみながら笑って話すてごちゃんが可愛いからいいやってなる。

 

 

 

◆増田さん◆

もう増田さんは結婚しても誰にも言わなくていいし、発表とかしなくていいと思う。結婚してしばらく経って実は結婚してたっていう報道が出ちゃえばいい。

え・・・結婚、してたの・・・?

っていうとんでもない絶望を味わいたい。(決してドMじゃないんだけどw)

そういえば最近ファッションでつけてるようなそうじゃないような、シンプルなリング薬指にしてるなぁって思ってたけど・・・まさか本当に・・・・ってなりたい。

 

そんでそんな報道が出たにも関わらず、増田さんからの口からは何も語られなくていいと思ってる。いつまでも、何も知りませんみたいな笑顔でスーパーアイドルしててほしい。

できれば奥さんになる人は10年以上付き合ってきて、地元も一緒の一般人、みたいな人がいいな。

 

 

 

 

 

まぁいろいろ想像してみて結果的には、

NEWSくん達が幸せと思えるならそれでいいです。

以上。

テゴマスがあまり好きじゃなかった理由

テゴマス

 

NEWSくん達の歌に魅了されて、テゴマスも聞いてみたけれど

実は私今まであまりテゴマスが好きではなかった、んですよね・・・。

 

正確にいうと、てごちゃんもまっすーの歌声もたまらなく好きでずっと聞いていたいと思うんだけれど、どうにも『テゴマス』というユニットが好きでなかったんだと思う。

 

それがなぜだか自分でもよく分からなくて。

だけど、先日ひょんなことからテゴマスの青春のDVDを頂き、それを見てた時に気付いたんだけど、私は恐らく、『テゴマス』というユニットのコンセプトと実際のてごちゃんとまっすーのイメージが自分の中でうまくマッチしてなかったからじゃないかと感じた。

 

それまでのテゴマスは

デビュー曲であったミソスープからはじまり、なんか田舎から都会に出てきてがんばってる男の子や好きな子と高校生のような恋を一生懸命してる男の子みたいな歌が多かったように感じるんだけど、その『テゴマス』像が自分の中でしっくりこなかったんだと思う。

 

 

 

なんというか多分、『テゴマス』というユニットは、ゆずだったりwatだったりそのあたりの外部の男性二人組を多少意識して作られていたのかなと。

 

まぁそもそもテゴマスをNEWSとは別ユニットとして活動させるんであれば、グループと何らかの差別化は図らないといけないからアイドル路線にすることはできないし、NEWSの活動をしていては獲得しにくいファン層を狙っていくにはこの路線しかなかったのかなと思うんだけど。

そこに、てごちゃんの童顔加減とかまっすーのある意味普通っぽい見た目とかも加わって、あぁいう初々しい男の子な感じの楽曲が提供されていたんじゃなかろうか。

テゴマスとしてデビューした当時の二人ってだいぶ可愛い感じの男の子だもんね。まだてごちゃんも金髪じゃないしw

 もしかしたら、「あら、この子達かわいいわねぇ・・・」っていう年上のお母様方の層の獲得も狙ってたのかな。

 

 

そして出来上がった『テゴマス』というユニットのコンセプトとか歌のイメージが、どうも私のイメージしているテゴマスとはかけ離れていた。

 私のイメージのてごちゃんとまっすーは東京生まれ東京育ちで、アイドルとしてキラキラしていて、決して平凡とはいえない学生生活を送って、それなりに恋愛も経験してる男の子に見えていたから。

だからなんだかしっくりくるものがなくて、結果あまり好きになれなかったんだろうなぁと思う。

 

 

でも、テゴマスの青春ではそういった田舎くささの残る幼い男の子を脱却していて、わりとアーティスティックなテゴマスを押し出しつつ、大人になって思う青春について歌っている楽曲が多くて。だからこそ、自分のイメージするテゴマスの二人と曲が一致してきてすんなりと受け入れることができた。

 

これが、NEWSのこともジャニーズのこともまったく興味がなくテゴマスを見ていればもっとすんなりと受け入れることができたのかもしれないけど。

 

まぁでも、やっぱりNEWSくんたちを知らずにテゴマスを聞くことはなかっただろうなぁ。

 

 

 

あー、でもずっと考えていてわからなかったもやもやが思わぬところで晴れてちょっとすっきり。 

もちろん今は、大人になった二人が今後どういう楽曲でテゴマスをやって、NEWSでいる時とどんな違いを見せてくれるのかが楽しみでしょうがないんだけどね。

 

ってわけでテゴマスの活動について早く発表してほしいぞ。

 

ハロウィン音楽祭

NEWS ジャニーズ Sexy Zone

 

ハロウィン音楽祭。しょっぱなから及川みっちーの年齢不詳の王子様にやられました。いつの時代も王子様なみっちー。かっこいい。

 

 

そして仮装と聞いて、はてさてどんなものかと思ってたけど、わりとがっつりというか。仮装ときいてこれだけやってくれるジャニーズに格好良さを感じました。

 

セクゾちゃんは仮装といってもなんだか昔話にでてくる女の子みたいな恰好で。それに加え、健人くんの後ろをちょこんと結んだ髪型が更に可愛さ倍増させてました。

ABC-Zは忍者だったけど、メンバーカラーゆえにちょっとトンチキ感が出て面白かった。

 

そんな中でNEWSくん達の仮装。

小山さんの衣装とか、まっすーの王冠とか、加藤さんのメイクとか、てごちゃんの顔面とかもう色々一気に視界に入ってきて、ほぉぉ・・となってしまいました。まっすーの前髪分けた時の破壊力ったら。あれだけオス感だだ漏れなくせに純粋無垢な笑顔を見せるもんだからもう・・・まいった。そして今くらいの色落ちした髪色がたまらなく好きです。

加藤さんはもともとしっかりとしたお顔にあれだけくっきりアイラインひくからもう、ちょっと、怖かったよ。格好良いんだけどね。

そして小山さんのすべすべのお肌にLOVEの文字。てごちゃんは仮装するとHydeさんに寄ってくんだね。好きなものに寄っていくてごちゃん愛おしいぞ。

 

チャンカパーナでは王冠が落ちないように踊るまっすーにまた胸きゅんです。そしてそこからのBYAKUYA!!!

んー!まさか地上波で見れるとは思ってなかったけど、そうだよね、一番ハロウィンっぽいのはこの楽曲な気がする。

 

ただ、なんだか歌に関してはちょっとなぁと。っていってもまだ一回して見れてないんだけど。

てごちゃんもしんどそうだった気するし、まっすーも若干音が違った気がする。BYAKUYAの最後なんか歌詞ごっちゃになってたのかぐだってたw

 

基本的にNEWSくんたちの歌は大好きだしクオリティも高いと思ってるけどたまーに、あれれれれ、と思う時があるなぁ。

いつかのMステの時にも思ったけど。生放送だからかなぁ。

 

 

歌に関してはちょっともっかい確認してみようと思います。

 

 

 

 

anniversary

Sexy Zone ジャニーズ 中島健人

 

今更だけど!

せくぞちゃん5周年おめでとう!!!

 

 

 

 

最年少グループとして、薔薇を持ってデビューしたせくぞちゃん。

とてもきれいな顔面と年齢の若さに衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

最近は、「アイドルだけど」とか「アイドルっぽくない」とかそういったグループが多かった気がする。

世間でのアイドルのイメージって

顔面偏差値が高くて、キラキラの衣装を着て、歌って踊る、とかだと思うけど

私の中でそれをすべて表現してくれたのはせくぞちゃん達だった。

 

久しぶりに王道のアイドルが出てきたぞ・・!という印象でした。

 

でも年齢も若くジュニア歴も短い彼らは

歌もダンスもトークもすべてが未熟で。きっと自分達が思っている通りにいかないと感じることも多かったんじゃないかな。

それでも、彼らはいつだって前を向いて一生懸命に走ってきたような気がします。

 

 

 

去年カラフルeysからはまさしくsexyzoneの第二章と言っても過言でないくらいに5人での活動が多くて、メンバーも「5人で」という言葉をしきりに使っていたような気がします。全員が少しずつ大人になっていって、きっとデビューした頃と今とでは見えているものも違うはず。

 

その中でも最年長としてグループを引っ張ってきている健人くん。

握手会神対応やラブホリという言葉。もともとは健人くん自身から発信したものではあるけれど、その言葉だけが一人歩きして、健人くん自身から離れた場所にあるんじゃないかと正直心配した時もあった。でも、それでも健人くんは与えられたことは全力で取り組んでいたと感じます。まぁ、仕事だからといえばそれまでだけど。それでもきっとあの年齢で、期待に応えていくのはかなり大変だったんじゃないかなぁ。

そして、今確実に健人くんはグループの突破口になっていると思う。

 

これからも健人くんはたくさんの人を惹きつけてきっとグループに還元してくれると思っているし、せくぞちゃん達自体これからもっともっと大きくなるグループだと思う。

 

 

ここまでせくぞちゃんたちを見てこれたことや、

私自身、せくぞちゃんたちを通じて出会えた人達もいてとっても感謝してる。

 

健人くんを、せくぞちゃん達をもっと光り輝く場所へ連れていく為、ほんの少しでも力になれればと思っていたけれど。

 

それを一旦、やめようと思います。

今年はFCの更新手続きもしなかった。

 

今でも健人くんもせくぞちゃん達も大好きなことには変わりはないけど。

 

 

 

今後はお茶の間でゆるく見守っていこうと思います。

でもベストアルバムは買おうかなぁ笑

 

 

 

 

 

気が付けば秋

NEWS Sexy Zone ジャニーズ

 

24時間テレビも終わって、なんやかんやとしていたら夏が終わろうとしていました。

まじか。本当に一年早い。もう秋。

そんな秋の気配感じるころにいまさらだけど、ちょっとだけMステウルトラフェスの感想。

 

JUMPかっこいいじゃん!!!

 

 

とりあえずこれ。もちろん、しょりたんのこの夏一番だろうというような顔面の美しさとか増田さんのおでことか!いろいろ思うことはあったけれど。

とりあえず、見終わったあと一番最初に呟いたのはこの感想でした。

今回のウルトラフェスでは、キスマイから上のグループは2曲披露。小山さんが1曲は自分達で選べたと言ってたので恐らく他のグループもそうだったのかな。

JUMPが選んだのはRide With Meだったんですね。

 

 

私の中のJUMPくんたちは幼い頃の印象がとーっても強くって。

やーやーやーとかJ.J.Expressの頃がわりと強く残っていたんですよね。

そしてそんなJUMPくん達、アイドルの王道っぽい歌を歌っている印象も強く、

二つが相まって結局、いつまで経っても子供っぽいグループのイメージが強くついてしまっていたんですがこのウルトラフェスでもう本当に驚きました。

 

JUMPは人数も多いのでそれだけでごちゃごちゃしがちなのに、あれだけダンスをそろえて、人数の多さを生かしたフォーメーションで本当にすごいの一言につきました。

特に山田くんをセンターにしてV字に広がるあのフォーメーションは綺麗だった。

 

身長もバラバラなのにあれだけ綺麗になるとは。いや、逆に身長差をうまく利用したのかな。本当にかっこよかった。

もちろん普段の元気いっぱいのJUMPくんも素敵です。どう言ってもまだ20代で若いといわれる年齢だしね。今しかできないこともたくさんあると思うけど、今だから出せる大人っぽさもあると思うのでぜひ地上波の音楽番組でもこんな姿をがんがん出してほしいなぁ。

 

 

他にも恰好良いJUMPが見れる曲があったら誰か教えてほしい・・・。

 

 

言わずもがなにゅすくん達はすごく素敵でした。

たまたま移動中で車の中で見たのですが、思わず増田さんを見ておでこ!!!!と叫んでしまいました。見つめあって肩組んで歌うコヤシゲも可愛かった。

 

せくぞちゃんはしょりたんの顔面の美しさに失神しそうになりました。

この夏一番のビジュアルでした。あんな雰囲気や表情が出せるようになったんですね。髪の色のせいかなぁと思ってたけど多分それだけじゃないよね。

(何もせずにあの色気は出てこないぞ・・・w)

 

 

 

 

 

 

さて、もいっかいリピってきます!!

 

 

10ksを見た話

KAT-TUN

 

先日、KAT-TUNの充電期間前最後のライブ10ksのDVDが発売されました。

 

このDVD、まだ見れる気もしてなくて買うつもりもなかっただけれど

でもやっぱり一度はすごく好きだったグループで、

KAT-TUNというグループを通じて知り合った友人もいて、

たくさんの思い出を作ってくれたグループの10年の集大成を見るのは私なりの義理を通すというか、最後のけじめをつけるというか。

まぁ、そんな感じのわけわかんない感情を抱いてしまい、発売日にはDVDを手にしていました。

 

でも手に入れた当日にはもちろん見れなくて、先日やっとこさ見たんだけれど。

 

 

もう、本当にかっこよかった。

 

こんな感想で申し訳ないけれど、本当に、本当にかっこよかった。

昔からあるKAT-TUNのかっこよさが3人になっても変わらずそこにあって、その姿にただただ圧倒。

すごく素敵な衣装で、照明使いもすごく好みで特攻ガンガンで、海賊ってとこにもうぁ!ってなったし。

これだけ東京ドームで存分に使ってかっこよさを魅せてくれるグループは本当、KAT-TUNだけなんじゃないかと思う。

でも、それもきっとホームと呼ぶドームでやってきた今までの経験値があってからこそなんだよね。

彼らが歩んできた10年という月日がこのステージにぎゅっと詰め込まれていた気がする。

 

懐かしい話や演出もいっぱいだったね。もう、うっかり涙しちゃいそうだったよ。そしてけっこう3人の表情も映っていて、そこにまた胸がぎゅっとなってしまった。

 

曲のイントロだけでよみがえってくる思い出もたくさんあった。

こんなにも色んなことを考えながら見た映像は初めてってくらいいろいろ思い出した。

 

赤西さんがいなくなって、とっても辛くて。

こきたんがいなくなって、なんでって気持ちでいっぱいで

たぐちがいなくなるって映像で声の震えるかめりんと見たことない表情でパフォーマンスするなかまるさんを見て、もう大丈夫って思ってたのにさらに辛くなって。

 

私は以前も書いたけれど、赤西さんがいなくなった時点でいろんな事に耐えられなくて彼らを応援し続けることはできなかったけれど、でもあのまま応援してたらどうなったんだろうなぁ。

もちろん、後悔してるわけでもないし、今現在はせくぞちゃんとにゅすくんのことを見るのが楽しくて幸せだしやっぱり、ジャニヲタというものを一度卒業したからこそ見えるものもたくさんあったし。

 

でもほんのちょっとだけ、どうなってたんだろうなぁとは思う。

 

いろんなことがあり、10年という月日が流れても、

ずっと変わらないKAT-TUNというかっこよさを貫いた3人を見て

昔、彼らに抱いていた気持ちを思い出した気がする。

 

 

 

 

見る前は、泣いてしまうかもしれないなんて思ってて

でも見ていくにつれて、

こんなかっこよさ見せつけられたら泣けないわー!!!

とか思っていたんだけど。

 

 

大きな間違いだった。

 

 

 

君のユメ、ぼくのユメでやばい状況になって、3人の挨拶で涙スイッチ完全に入ってしまって、かめりんの挨拶で涙腺崩壊した。

 

かめりんの挨拶・・・以前も映像で見て泣いたやん。なんて言うか分かってたやん。って思ったけどやっぱり泣いた。

 

 

夜中に一人でこっそり見てよかったです。

でも翌朝大変な顔になってました。

 

 

 

 

やっぱり私にとってKAT-TUNは大事なグループに変わりはないです。

今後もきっとそれは変わらないんだろうなぁ。

 

 

 

とりあえず、かっこよくて本当に大満足な映像でした。

 

がんばって、とは言わないけど

NEWS ジャニーズ

 

今年の夏は騒がしいです。

 

仕事中に流れた速報で二世俳優さんの逮捕を知って、驚きと落ち込みでなんだかまた心がざわざわしました。

 

お母様はもちろん、彼も面白くて好きだったのに。

なんで、どうしてって気持ちでいっぱい。

24時間テレビを通して愛について考える機会もたくさんあっただろうに、

一番愛のないことをしてしまって、一番愛を与えてくれていただろう人を裏切って。これからの役者としての活躍を本当に、本当に、期待してたのに。

 

 

 

ドラマもどうなるんだろうって思ってたら、代役立てて撮り直すって聞いて、今日になって小山さんが代役と知って。

もう、本当に大丈夫かな、にゅすくんもスタッフさんたちも。

 

やっぱ、加藤さんとのスケジュール都合等を考えたらにゅすくん達の中で代役を立てるのが一番調整しやすかったのかな。

小山さんも大事なメンバーが一生懸命がんばってるドラマ、代役で出ないなんて言えないよね。

えぶりーもあるし24時間テレビでの企画で動いてることもあるだろうからきっと大変なはず。スタッフさんも撮り直して編集して・・・って作業があるんでしょ。大丈夫かな。本当に体調とか気を付けてほしい。

 

 

そしてはがされるポスターを見てまた胸が痛くなりました。

増田さんが出演するはずだった今夜比べてみましたはもうお蔵入りかなぁ。

すごく楽しみにしてただけにショックだった。

 

彼の事でたくさんの事が変更されて、それによってたくさんの人が大変な思いをして。そしてなにより、たった一人の女性がものすごい傷を負ったと考えると本当に心が痛い。

 

 

 

この慌ただしい夏、

少しでも愛をもって終われるように今週末は

テレビの前でしっかりとにゅすくん達の姿を見ようと思います。

 

あぁ・・昼間は用事あるのに録画大丈夫かな・・・。

24時間の為に少しでも容量を空けられるようにしなきゃ・・・