読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QUARTETTOが名盤すぎる

ジャニーズ NEWS

 

 

 

最近、増田さんが好きすぎるということで発売してすぐにアルバムを購入してしまいました。いやー。良かったね!

ちなみににゅすくん達のCDをじっくりと聞いたのは1stアルバム以来です。

(もちろん、シングル曲等知っている曲も多いけど)

なので超NEWS初心者のやつが書いた感想なのであしからず。

 

 

 

 

 

 

◆Theme of QUARTETTO

最初にMVを見てたけど、MVとはまた別物。身体をつかって四人で音を奏でる。このアルバムのタイトル通りまさに四重奏。リード曲への導入曲ってジャニーズのアルバムでは珍しいのかな?あまり聞かない気がする。でもこの曲があることによってぐっとアルバムの世界感に引き込まれる。最初は気づかなかったけれど、全部通して聞いた後にこのアルバム曲がすべてこの一曲に音として入っている事に気付きました。

それにしてもチュムチュムの存在感すごいなw

 

 

◆QUARTETTO

アルバムリード曲。前曲からの流れが素晴らしくいい!

そしてこれサビ部分って加藤さんが上ハモってるよね・・・?

なんだか加藤さんは声の低い印象だったから上ハモで持ってくるのかーーー!と予想外でした。加藤さん、ファルセットでこんな風に歌えるのか!と。どうしても高い音は手越さんの印象だったから本当にガラっとイメージ変わった。

とかいってこれ加藤さんじゃなかったらごめん。なんたって初心者だから。

 

 

◆ANTHEM

1曲目からまったく失速せずにこのANTHEMと飛び込む感じ!すき!

また、前曲が声で終わり、この曲が声で始まるから余計に流れをぶった切らない感じになってる。すごく自然に聞ける。サッカー曲ということで耳にすることも多く初心者でも安心の一曲。というかこの曲が気になってこのアルバム聞く人もいるんじゃないかなーと思ってる。

 

 

シリウス

なにこの曲!超すきーーーーー!!!ってなった一曲。

頭から手越さんの歌声にぐっと引き込まれる。そしてこれでもおそらく上ハモな加藤さん。この二人の重なる声が絶妙。叶わない恋の歌だけれども手越さんのまっすぐな歌声のおかげでどこか清々しくもあって切なさも漂う感じがまたいいの。手越さんと加藤さんは二人ともどこか歌声に少年っぽさが残っていると思ってたけれどもその少年ぽさが存分に発揮されて曲の印象を創ってる気がする。大サビ前の加藤さん→手越さんの流れが最高だった。

 

 

 

◆Touch

かわいい!かわいいよ!にゅすくん達!これはMステで見たときにピンクの衣装で踊る4人が可愛すぎた記憶がある。なにこのアラサー男子。なんだろな。セクゾの若いかわいさとはまた違った大人の可愛さあふれる一曲だと思う。そして手越さんが歌う「街中に流れるノイズさえまるでミュージック」の部分が本当に好きすぎる。何がって言われると困るんだけど、本当に綺麗な声で幸せそうで、キラキラしてて。このワンフレーズで私の心全部持ってかれた。この部分だけ延々とリピートしてたい。

 

 

◆NEWSKOOL

本当にねぇ、この曲は・・・。もうなんだろな。言葉が出てこない。超絶オシャレなメンバー紹介曲だと思うよ。ニュースクールという言葉とNEWS、KOOLという言葉をかけてんだね。すごいなーこれは。そしてニュースクールと歌っておきながらちゃんとオールドスクールの代表ともいえるRappers Delightを間奏に入れてくるとは・・!今の4人のにゅすくんを紹介しながらもきちんとデビューから4人になるまでのにゅすくん達の事も否定せずに取り入れるというかこれまでがあっての上での4人だと言っているよう。もう本当にこの構成はすごい!そして何がってこれをジャニーズのアルバムでやるってところがまたすごいよね!これどれだけの人がわかるのよw

そしてこれ作詞・作曲がやまもとりょうへいって・・・!最後に気づいて超テンションあがった!それゃおしゃれな曲になる訳だわ!納得!

 

 

 

 

四銃士

この曲あってこその今回のアルバムがQUARTETTOなのかな。

ラフマニノフパガニーニ!いやー、さっきからすごいしか言ってないけどすごいな。

この超有名曲を用いて重厚感溢れる演奏で歌うってどうなのよって思ってたけど、にゅすくんさすがっす。さっきのRappers Delightといい面白いことやってるよね。

 

 

 

◆wonder

これまた超絶かっこいい曲ーーー!イントロからしびれる!

増田さんが本当にかっこいい。数曲前であんなに可愛くTouchを歌ってたのにこのかっこよさ。ふり幅やばい。そして最後のサビの手越さんのフェイク。これがまたこの曲を仕上げてきてる。もう圧巻よ。

 

 

 

◆ライフ

もう、壮大だね。これまでの攻めた、というか楽曲で遊んでいた感じがしていたのに、これまたがらっと雰囲気変えた。でもにゅすくん達にぴったりな曲。このポップなのにどこか切ないこの曲とそれぞれの歌声が本当に魅力的。

 

 

◆チュムチュム

もうこの曲好きwwwトンチキソング大好きよw

すごいインド感だよねwなぜにインドかはにゅす初心者にはまったくもって分からないけれども。とりあえずよしとさせる何かがこの曲にはあると思うw

でもなにがすごいってね、このトンチキソングがこのアルバムに入っても意外にまとまってるっていうことなんだよね。本当これ予想外だった。

 

 

◆Departure

私の中でのにゅすくん達のイメージはこの曲が一番近いかなぁ。

さわやかで背中を押してくれる曲を歌ってるイメージ。がんがん応援してくれるというか、いつもふわっと優しく寄り添いながら応援してくれる歌を歌っている感じかなぁ。

間奏で増田さんのオケに乗っての手越さんの声。そしてサビの加藤さん小山さんと繋がるところがすごい好き。

 

 

 

◆ヒカリノシズク

このすばらしいアルバムを飾るラストの曲。

これはにゅすくん達じゃないと歌えない曲じゃないかなぁ。

私は超にゅすくん初心者だし、彼らが人数が減ってあまり活動してない期間があってというのを外側からなんとなく知っているだけでその心情などはぼやっとしかわからないけど。でも順調な道のりでなかったのはわかる。だからこそ、こんなにも全員の歌声がこんなにも胸に響くんだろうな。そしてこの曲がこのアルバムの為に作られたんじゃないかってくらいうまく最後としてまとめてる。すごい。

そしてこの曲の「だから何度も何度も」の「だから」の手越さんの歌声がすごい好き。

胸がぎゅうっとなる。

 

 

◆LIS'N(増田さんソロ)

やばい。増田さんやばいよ。もう気軽にまっすーなんて言えなくなる。

素敵な歌声を持ちながら、この電子音を多用したがっつりな曲を選ぶそのセンスと華麗に歌いこなす増田さんってすごい。これで増田さんにときめかない人なんているの?

そしてやっぱりりょうへいさーーーーん!すき!

 

 

◆愛のエレジー(小山さんソロ)

小山さーーーーーん!失恋ソング似合うねぇ・・・。この歌謡曲っぽい感じで歌う小山さんは色気だだ漏れだよ。でも歌詞みるととんだダメ男。誰と恋に落ちたってあなたがちらつくんだってダメじゃん。不器用な男なんだと知ってたはずだろってそんな責任転換の仕方ある?w こんな重い愛が似合う人だったとは。

 

 

星の王子さま(加藤さんソロ)

加藤さんのは作品としての仕上がりがすごいなぁと。作詞・作曲も加藤さんなのね。

やっぱり加藤さんは作家としての活動もあるからこのポエトリーリーディングという手法を入れ込んだのかな。この世界観を作り上げる加藤さんにすごく興味をそそられる。アイドルとしてというか、どんな人なんだろうって純粋に気になる。

 

◆Encore(手越さんソロ)

あー。やっぱりすごいよね。手越さん。正統派というか王道なラブソング。

音自体をすごくシンプルにして歌声で勝負してる手越さんだからこそ歌える曲だよ。

音が少ない曲を歌いこなすのってすごく難しいと思う。それでもこの曲をこんなにも素敵に歌い上げられることができるのは手越さんだけだと思う。

 

 

 

 

 

はい。そんな感じで全曲感想を綴りました。

全体を通してはまとまりのあるアルバムで本当にこれがジャニーズのアルバムかと思わされたし、やっぱり自分が応援しているグループにはない良さがあってすごく楽しかったです。NEWSKOOLや加藤さんソロとか、これやるジャニーズいるのって思うようなことが多くあって本当に魅力的な一枚だった。にゅすくんは楽曲制作している制作陣にもすごく恵まれているというか愛されているのかな。音と曲に関しては本当にすごいとしか言いようがないくらいすごいものだった。

そしてこのアルバムをじっくり聞くまで、やっぱりにゅすくんの歌といえばテゴマスがメインなのかと思っていたけれど全然そうでもなくて。最初に書いたとおり加藤さんの上ハモにも驚いたし、テゴマスのハモリも素晴らしいけれどもコヤシゲの歌声が重なるとこんなにも幅のある歌声なのかと驚かされたし。本当に満足の一枚でした。

 

いやー、セクゾちゃん達もいい楽曲に恵まれてると思ってたけど、この一枚を聞くとなんか悔しいなぁ。笑

基本モンペなので誰よりも素晴らしいグループだと信じてるしてっぺんに連れて行ってあげたいと思うけどやっぱり先輩グループの壁はまだまだ高いなぁ。

 

 

 

以上、にゅすくん初心者が聞いたアルバム感想でした。