読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いままでとこれから

NEWS

新曲発売おめでとうございます!

 

 

初日首位発進っていうニュースを朝からPCで見て、そっかー良かったねぇ、にゅすくんなんて思いながら数字見てちょっとびっくりしたんだけど、初日9.5万枚・・・。

あれ・・・こんなものなの?っていうね。

 

ちなみにせくぞちゃん達でいうと9.5万枚ってDuバイの初日売上と同じくらいじゃない?たしか。

いやいや、もちろん、売れなくても良い曲はたくさんある。

売れてるからって名曲って訳じゃないことなんかよくわかってる。

 

・・・・でもやっぱりこういう数字っていうのも今後の活動を決める大事な指標の一つなわけで。CD売れない時代だから仕方ないよね、ですまされる問題じゃないよねぇ。

 

もちろん1位をとることも大事だし、連続首位っていうのも大事。

でも会社としてはどれだけの利益があるかっていうのがものすごく大事だと思う。

 

 

今回はドラマタイアップもあるしにゅすくんは若手でもないんだし、発売前の露出もわりとあったように感じたから正直この数字が喜ばしいものとは思えないんだよなぁ。

せめて10万枚はいってほしかった・・・。

確かに、これまでのにゅすくん達のシングルCDの初日の枚数を見てみると9.5万枚は悪い数字じゃないとは思う。でも今この推されている状況でのこの数字はよかったねって楽観視できるものじゃないんじゃ・・・。

 

以前もにゅすくん達推されていた時期があったけど、その後はCDもなかなか出ないし、コンサートは大阪と東京の2ヵ所だけっていう時期があった。

あれは推されている間に結果を出せなかったからじゃないかと思ってる。

当たり前の事だけど売れないとなれば、CDのリリースは少なくなるし、コンサートも減る。グループでの活動が少なくなる。

特ににゅすくん達は去年から今年にかけてすごく推されてるからこそ、売上がないと本人達の実力ではなくお膳立てされた環境がないと何もできないって判断されてしまう。

 

事務所もその年、その年推すグループがあると思うけど、にゅすくん達のグループ歴、年齢、ほかの若手グループの事を考えるとこんなに推してもらえるのはこれから先、そう何度もないよ。もしかしたら今年が最後になるかもしれない。

だからこそ、今年はきちんと結果を出して今後安定したグループ活動できるようにしていかないとまずいんじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

うーん・・・。

やっぱり特典が少ないっていうのも売上があがらない理由の一つなのかなぁ。

 

せくぞちゃん達の最新シングル「勝利の日まで」はここ最近のシングルの中で断トツに売上枚数が悪かった。

「勝利の日までは」の時、予約したのは初回A・B盤と通常盤だけだった。(一応、バレーボール応援盤もあったけどこれはコン会場での発売のみ)

特典として待ち受け画像ダウンロードカード封入(全6種類より1種類のみダウンロード可能)

おかげでお財布には大変優しかったけど、もちろん売上は落ちてた。

 

君にHITOMEBOREの時は、ポニカ全12種類 1枚300円で売り出し、それも合算集計していた為、初日売上は30万枚近い数字だった。正確には29万枚だったかな?

あとファンミの応募券がついてるのもある程度枚数いくよね。

 

 

これを考えるとにゅすくん達ももうちょっと特典だったりを増やしていくのもありなんじゃないかなぁと思う。

確かに君にひとめぼれの時の売り方はかなり賛否両論あったし、たしかにあそこまでやるといかがなものなのかっていう気持ちもあるんだけど、でももうちょっとアイドル的なCDの売り出し方をしてもいいんじゃないかな。彼らもアイドルなんだし。

今は曲だけでは売れない時代だし、メイキングやMVもネット上で簡単に見れてしまうようになってるしね・・・。もっとなんか特典がないと売上枚数あげることは難しいんじゃないんじゃないかなとも思う。

 

あとはもうファンの方達の気持ち次第だよね。

微々たるものかもしれないけど、CD買い足そうかなぁ。