読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルとファンってなんだろう

あ、小山さんのことについて書いてます。

この件を見たくないし聞きたくないって人は読まないことをお勧めします。

気分を害されたとしても責任は負えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は新人の頃、クレームは「初期対応」がものすごく大事だということを教わった。

どんな小さなクレームでも初期対応を誤ると、とっても大きなクレームになるからなって。

今回のこやまさんの件に関しては、この初期対応を誤ったいい例だなぁなんて思ったり。

 

 

今回ね、最初熱愛が出たときは、ちょっとだけ可哀そうだなって思ったんだ。小山さんの事。まぁ匂わせてしまったという点に関してはうーん・・・って気持ちもあったけれど、種火だったものを引っ張りだして大きくして燃え上がらせたのは他でもないファンで。

それなのにプロ意識がないと叩いているのもファンで。

 

もうなんだなかなぁ・・って思ってたんだよ。

 

 

でもね最初にも書いたけど、クレームの初期対応ってとっても大事で。

 

 

小山さん自身が初期対応すべき場所は

間違いなく、あの日の「メン愛」だったと思うんだよ。

そしてあの日のメン愛は絶対に間違った対応をしちゃいけない場所だったんだよね。

 

それなのに、まさかのあの煽るような文章。

火に油を注ぐ行為っていうのはこれかって思ってしまった。

完全に初期対応を間違えたなって。

 

 

そこからはまぁ案の定というか、もう見事なまでに彼の過去のエピソードからLINE画像から音声から・・・・色んなものが出るわ出るわ。

 

もちろん全てを信じてるわけじゃないよ。

明らかに、彼を下げて他のメンバーを上げようとしているものもあるしね。

 

それでも一つの熱愛報道の結果、色んなものがこれだけたくさん出てくるとなると、周囲の人とそういった付き合いしか出来なかった人なんだろうなと感じてしまった。

 

 

 

そして今回、この初期対応を間違えてしまった小山さんに残念な気持ちが出てきたのと同時に、彼に対して苦言を呈している方をファンではないと、ばっさりと切り落としてしまっているファンの人の存在が私をもやっとさせた。

 

 

クレームって一見厄介そうに見えて、多数のお客様を相手にする企業には大事な意見の一つなんだよ。

 

 

 

まぁ確かにあまりにも汚い言葉で罵ってたり、

個人情報ばら撒いたりっていうのはもちろんやっちゃダメな事だけど。

 

でも私は、彼に対して苦言を呈している人がファンではないとは思わない。

むしろ、小山さんとNEWSの一番のファンなんじゃないかと思った。

 

小山さんが、そしてNEWSが、一生懸命アイドルとして生きてきた姿を

受け止めて、それだけ真剣に夢を見てくれてたんだから。

 

 

 

アイドルである前に一人の人間だ、って言うけれど、

一人の人間であって、アイドルという職業についているんだよ。

 

その職業についている以上は、職務を全うするのは社会人として当然で。

確かに職務時間外のことに関しては何も言えないよ。

彼がアイドルとして生きてないプライベートの時間は彼のもの。

だけど、アイドルとして過ごしている場所のコンサート、雑誌やテレビ、webにプライベートなことを持ち込むのはもちろんNGだし、未発表の仕事をプライベートで先に喋ってしまうのもNGじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

でも、それをアイドルに求めるのはあまりにも、お客様精神過ぎるのかな。

だったらファンってなんだろうね。

 

本人の言うことだけを正しいと信じて、褒めて

嫌だなと思うことがあっても蓋をしてだんまりを決め込むことなのかな。

 

 

不特定多数の人を相手に商売をしているから色んな意見があって当然なのに

愚痴を言う人をファンではないと切り捨てないといけない理由ってなんだろうね。

正解がないだけに、どの人の応援の仕方も不正解ではないはずなのに。

ファンがファンを指定するのはなぜなんだろうね。

 

 

 

 

以前も書いたけれど、新規と呼ばれる私ですら小山さん彼女いるんだろうなっていう匂わせに気付いたくらいだから、きっと長いこと小山さんを見てきたファンの人はもっと色んなことにずっと前から気付いていたんだろうな。

 

その度に、小山さんのファンはその思いに蓋をして閉じ込めて、見ないふりしてきたのかな。本当のファンでいようとする為に。

 

そうだとしたらこんなに悲しいことってないよなぁ。

 

 

 

 

今回のこと、小山さんにはちゃんと受け止めてもらいたい。

クレームを鎮火させるには、まずお客様の気持ちに寄り添って謝罪をすること。それと解決策の提示と今後再発防止の為の決意を述べることだと教わった。

 

 

目を背けたくなるような言葉もたくさんあると思うけど、小山さんの事を考えて発せられてる言葉もたくさんあるから。

聞きたくないことを無視するのも、自分を守る為に必要なことかもしれないけどちゃんと耳を傾けることも自分を守るために必要なことだよ。

 

もっと言えば、慈善事業じゃないんだから自分に利益をもたらしてくれるのがどんなファンなのかもちゃんと考えた方がいいかもね。

 

 

 

 

 

 

最後に。

企業として一番怖いのは何も言わずに同業他社に流れてしまうお客様だと私は教わりました。